2023年6月1日

サンダース宮松敬子

フリーランス・ジャーナリスト。カナダに移住して40数年後の2014年春に、エスニック色が濃厚な文化の町トロント市から「文化は自然」のビクトリア市に国内移住。白人色の濃い当地の様相に「ここも同じカナダか!」と驚愕。だがそれこそがカナダの一面と理解し、引き続きニュースを追っている。 URL:keikomiyamatsu.com/ Mail:k-m-s@post.com

第70回 この世にユートピアはない?!

サンダース宮松敬子さんのエッセイ。ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアからお届けします。

第69回 依存症の罠

サンダース宮松敬子さんのエッセイ。ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアからお届けします。

第68回 カナダの国技、ホッケー業界の醜聞

サンダース宮松敬子さんのエッセイ。ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアからお届けします。

第67回 あれから一年

サンダース宮松敬子さんのエッセイ。ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアからお届けします。

第66回 日本関連の行事が続くビクトリア

サンダース宮松敬子さんのエッセイ。ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアからお届けします。

第65回 しっくりしない「国葬」

サンダース宮松敬子氏のエッセイ。日本の震撼させた安倍元首相への銃撃事件。しかし...

第64回 広がる多様な生き方

サンダース宮松敬子氏のエッセイ。最近日本で発表された出生率から読み解くさまざまな生き方について。

第63回 戦争と性犯罪

戦争が勃発すると決まって問題になるのが、紛争下で逃げ惑う婦女子への、侵略側兵士による性暴力である。

第62回 難民/避難民/準難民

ウクライナ戦争。欧米諸国の中にも、人種に対する隠された同情的感情があるのかもしれない。

第61回 広島の被爆者活動家サーロー節子さんの悲痛な願い

時事問題のニュースを私なりに追っている物書きとしては、どうしてもこの時期にウクライナに関する原稿を一本書きたいと思っていた。